染毛剤と染毛料のちがいについて

 

すべての人に、やさしく新しいヘアケア習慣を。
テンスターの商品は、染毛料を使用しています。

髪を染める商品は、「染毛剤」(医薬部外品)と呼ばれるものと「染毛料」(化粧品)と呼ばれるものとの2つに分けることができます。
一文字違いなので一緒にされがちですが、実はまったく別のものなので、商品を購入する前に、ぜひチェックしてみてくださいね。
特徴をカンタンにまとめてみました。

カラーリング剤には染毛剤(医薬部外品)と染毛料(化粧品)があります。染毛剤はヘアカラー等の永久染毛剤とヘアブリーチなどの脱毛剤に分かれ、染毛料は直接染料等の半永久染毛剤と植物染料等に分かれています。カラートリートメントやカラーシャンプーは、半永久染毛剤(染毛料)に分類されます。

① 染毛剤
ヘアカラー・ヘアダイ・白髪染めなどと呼ばれるものがこの「染毛剤」にあたります。
アルカリ性の薬品でキューティクルを開かせ、さらに髪本来の色素を抜き、希望の色を髪の内部に深く浸透させるためよく染まるのですが、髪や肌への負担が大きいのがデメリット。
とくに、染毛剤に含まれる「ジアミン」という染料によるアレルギーは有名です。

② 染毛料
ヘアマニキュア・カラートリートメント・酸性カラー・カラーリンスなどと呼ばれるものがこの「染毛料」にあたります。
マイナスイオンの力で髪表面に吸着する「塩基性色素」や髪表面付近にからんで定着する「HC色素」などを利用するため、
色持ちや染まり具合の面で比較的効果が薄いのがデメリット。しかし、髪や肌への負担はほとんどありません。
したがって、傷みやアレルギーを気にせず、繰り返し染めることができます。ツンとしたにおいもなく、使い方も手軽なものがほとんど。
なかでもカラートリートメントは、これまで美容院で染めることができなかった敏感肌の方からも注目され、大きな支持を受けているようです。

いかがでしたか?
「染毛剤」なのか「染毛料」なのかはどのメーカーもかならず商品パッケージに記載しています。

薬のように、体の中に働きかける要素を持つのが「染毛剤」
化粧品のように、体の外側を飾る要素を持つのが「染毛料」
とイメージするとよいでしょう。

染毛剤と染毛料の違いについては、
「日本ヘアカラー工業会」のサイトでも紹介されています。

http://www.jhcia.org/

ヘアカラーのために特別に開発されたHC色素は、髪に染まっても肌に色が残りにくいのが特長。手についてもカンタンに落とせます。また、地肌についてもシャンプーすれば落とせるので、根本にしっかり塗ることができます。 皮膚への染着が非常に少なく、地肌から塗布しても頭皮に着色されることがほとんどありません。
塗布から15分放置して、流水で洗い流すとほとんど色が残りません