カラーシャンプー 使い方のポイント3つ

毎日のシャンプーとして使ううち、自然に髪が染まっていくカラーシャンプー。少しずつ染まっていくことを「徐染性」というのですが、色づき具合はセロファンをイメージしてください。カラーシャンプーの場合、放置時間よりも使用回数がポイントになるので、今すぐ濃く染めたい方には向いていませんが、実際にテンスターカラーシャンプーで白髪を3回染めると、このぐらいは染まります。

ダークブラウン×3回

いかがでしょう、けっこう染まっていませんか。
「カラーシャンプーは染まらないもの」という先入観があった私自身、実験をしてみてびっくりでした。


さて、カラーシャンプーの使い方には、3つのポイントがあります。


① 5回はあきらめない

ダークブラウン×5回

テンスターカラーシャンプーを5回、連続使用してみました。回数を重ねるたびに、どんどん色濃くなっているのがわかります。染まりかたには個人差がありますので、これより早く染まる方も、スローペースの方もいらっしゃいますが、まずははじめの5回、あきらめずに使ってみてください。1週間で効果を実感していただけます。

② スタイリング剤は先に落とし、たっぷりの泡で

ワックスやジェルなど、べっとりつくタイプ/しっかり固めるタイプのスタイリング剤が髪に残ったままだと、どうしても染まりが弱くなります。その場合は、テンスターカラーシャンプーで2度洗いしてみてください。 そして、たっぷりの泡で髪全体を包みこめるよう、十分な量をお使いください。(シャンプー剤の分量が多いほど、濃く色づきます)

③ 染まった後は自由なペースで

はじめに書いたように、カラーシャンプーのポイントは、放置時間よりも使用回数です。気軽に毎日使い続けるうち、髪の色持ちはどんどん良くなり、あったはずの白髪が目立たなくなっていきます。目安としては、ミディアムヘアで、1ヶ月半に1本のシャンプーボトルを使い切るくらいが理想的です。
しっかり色づいてきたら、ご自分のペースに合わせてどうぞ。

 

お出かけ前のシャワータイムにも使えて、時短が叶うカラーシャンプー。バタバタ気忙しい朝でも5分で髪色が整うので、いちど使い始めると、その快適さに手放せなくなります。白髪があるかないかで、見た目年齢は大きく左右されるもの。ぜひ、カラーシャンプーを味方につけてくださいね。


業界最多の6色展開!
カラーシャンプーとの併せ使いで
マイナス5歳のおしゃ髪に♡
テンスター ヘナ カラートリートメント」はこちら


天然ヘナのトリートメント効果で
使い込むほど、髪サラサラ★
ビギナーさんにもおすすめの
「テンスター ファインヘナ」はこちら

2020年09月10日|テンスターヘナ:テンスターヘナ