下地で髪は変わります

メイクの場合、肌色を美しく整えるのはコントロールカラー。ブルー・ピンク・グリーン・パープルなどが定番色ですよね。


下地を入れると、髪も変わります。

大人の髪にプラスしたいのは、さりげない光沢感や血色感! それなら、ふだんのお手入れのなかでカラーシャンプーを使うのが、いちばん効果的です。ほんとです。


カラーシャンプーは、これまでのカラーリングの常識をひるがえず個性派シャンプー。ふつうのシャンプーと同様、髪の皮脂汚れやスタイリング剤を落としながら、もう一方では、髪に色素をチャージしていきます。「洗いながら染める」。この相反する機能を併せ持つのは、カラーシャンプーだけの大きな特徴なのです。


白髪のケアにお悩みの方にいちど試していただきたいのは、テンスター カラーシャンプー
「カラーシャンプーなんて、汚れ落ちも染まり具合も、いまいちなんでしょ」
「髪や頭皮がいたみそう」
 ご安心ください、そんなことはありません。

テンスター カラーシャンプーは、特許取得の独自技術「ミクロカラーコート処方」で負荷をかけずに髪を染め、クリアな発色をキープ。また、色素には、化粧品用に開発された安全なHC染料を採用しています。さらに、アミノ酸系の上質な洗浄料を配合しているので、洗い上がりはさらっとサロンクオリティ♡

 

使い続けるほど白髪は目立たなくなり、色持ち効果も実感できます。質感の高い、自然でグロッシーな髪を演出したいなら、カラーシャンプーでベースカラーを仕込んでみてください。

2021年04月30日|テンスターヘナ:テンスターヘナ