髪のパサつき改善には

毛髪は、ふだん気づかないところでダメージを受けています。

 

髪がパサパサする場合、髪表面のキューティクルが傷んではがれている可能性があります。キューティクルが完全にはがれてしまうと、コルテックスなど髪内部の組織がさらされ、水分や栄養・色素などが流出します。

これがダメージヘアで、このようなときはたいてい、頭皮も乾燥しています。

キューティクルを傷つけ、髪や頭皮を乾燥させるおもな原因は、次のようなものです。


① 誤ったシャンプー方法
シャンプーの本来の目的は頭皮を洗うことですが、頭皮が洗えていないケースは意外に多いそう。反対に、洗浄力の強すぎるシャンプー剤を使うことで頭皮が乾燥し、皮脂が過剰に分泌してしまうこともあります。

いずれにしても、頭皮のベタつきからシャンプーをくりかえすといった悪循環に陥ると、頭皮もキューティクルも傷ついてしまいます。


まずは、シャンプーを泡だて、えりあしから頭頂部・生え際へマッサージするように指を滑らせましょう。摩擦はいちばんのダメージ。赤みをともなう頭皮の炎症や新生毛の抜け毛につながりますので、強くこすりすぎないようにしてください。

また、シャンプーやコンディショナーなどのすすぎ残しは頭皮への刺激物となるので、地肌からゆっくりていねいに洗い流します。お湯の温度が高すぎると乾燥につながりますので、この点もご注意を。


② 髪の乾かし方・スタイリング方法
キューティクルは、魚のうろこ状に何層も重なり合っており、髪がぬれると開く性質があります。


開いたキューティクルはもろいので、長時間湿ったままにしないこと。髪からしずくが落ちない程度に水分をしぼったら、頭皮から毛先にむかってタオルで挟むようにタオルドライし、ドライヤーで乾かします。

このとき、毛先ではなく髪の根元を乾かすよう意識します。頭皮や髪が熱でやけどしないように、あらかじめ洗い流さないトリートメントをつけておき、ドライヤーを頭から15センチ程度離すのもポイントです。あくまでも表面の髪に風を当てるのではなく、ドライヤーを少し振りながら、内側の頭皮へ温風を送りこみます。

 

髪は熱に弱く、タンパク変性や水分蒸発により弾力を失うともろくなります。ヘアアイロンやホットカーラーなどを頻繁に使用すると、熱によるダメージが起こります。


③ 頭皮や髪への紫外線通勤や通学など、日常的な日焼けによってもダメージが起こります。ときには頭皮が弾力を失ったり、髪色が少しずつ変わったり、手ざわりがごわついたりすることも


日焼け対策にはUVスプレーのほか、帽子や日傘を。ただ、通気性の悪い帽子を長時間かぶると、頭皮の皮膚常在菌が増えるので注意しましょう。頭皮にはもともと皮脂膜や汗腺が多くあり、汗や角質が餌となり菌が繁殖しやすい環境です。


④ カラーリングやパーマ
アルカリ剤や還元剤などの成分を用い、髪内部から着色するカラーリング(染毛剤)やブリーチは、髪へ大きな負荷をかけます。髪のシスティン結合を切断し再結成させる縮毛矯正やパーマも、同様に負担が大きいでしょう。

キューティクルを開いてはがれやすくするこれらの施術は、避けるのがベスト。どうしてもしたい場合は、3カ月に1回程度に控えるといいでしょう。また、ふだんのお手入れで髪を保護するオイルやミルクをつけたり、ヘナやカラートリートメントといった染毛料に変えたりと、髪の負担をやわらげる方法を取り入れることで、傷みやパサつきを回避できます。


⑤ 食生活の乱れや睡眠不足
極端なダイエットは、髪に栄養不足をもたらします。また、睡眠不足は血のめぐりを滞らせるので、頭皮の血流を悪化させます。

美しい髪は、なんといっても健康な頭皮から。栄養バランスのよい食事や十分な睡眠など、いまいちど生活習慣を見直して、すこやかな頭皮を維持するよう努めましょう。


2020年08月28日|テンスターヘナ:テンスターヘナ