「カラーシャンプー」はマストアイテム

ヘアカラーを長持ちさせるために知っておきたいアイテムが、「カラーシャンプー」。カラーシャンプーには、髪の色落ちを防ぎ、色素とツヤとうるおいを補って、髪の質感を美しく保つ効果があります。洗い流す前に少し時間をおいて、色素を定着させるのが一般的です。


ホームカラーに特化した老舗のヘアケアブランド、テンスターから新発売のカラーシャンプーは、天然アミノ酸系を主剤としたノンシリコンシャンプー。シャンプーとは思えない発色の濃さにこだわって作った、自信作です。

きちんと汚れを落としながらも5分で髪色を整え、さらツヤの質感に。


私自身、カラーシャンプーでは白髪は染まらないものと思っていましたが、「テンスター カラーシャンプー」は、1回目から染まった実感がでてきます。使うほど染まっていくので、ぜひ5回まではあきらめずに使ってみてください。 お風呂でシャンプーするだけで色がつくので、とにかくラクです! 

いったん染まってしまったら、1週間に1・2回のケアでも大丈夫と思います。

また、特許取得のミクロカラーコート処方で、カラーリング後の髪の色素流出を抑えるほか、天然ヘンナ葉エキス(保湿成分)でまとまりやすい髪に。自然なハリ・コシがでるので、ロングヘアでもぺたんこになりにくいですよ。


カラーシャンプーの色は、髪色に合わせて選ぶのが一般的ですが、あえて肌色に合わせても。ブルべさんには寒色系のソフトブラック、イエベさんには暖色系のダークブラウンがなじみます。

この話は、機会がありましたら、改めて書かせていただきたいと思います。

なお、髪質や頭皮の肌質によっては、染毛剤タイプのカラー剤が使えない方もいますので、そういった場合も、このような体にやさしい染毛料を上手に選びながら、髪色をキープするとよいでしょう。自分で染めるのは難しい/面倒だと思う方にこそ、ぜひ試していただきたいです。

 

カラートリートメントやヘナに、カラーシャンプーを組み合わせて使うのが、いちばん仕上がりが美しくおすすめです。カラーシャンプーを使うということは、日々のお手入れで洗い流してしまうはずの色素をかえってチャージすること。結果的に、全体染めの頻度も下がってきます。

カラーリング直後からも、褪色してからも大活躍のカラーシャンプー。おしゃれな髪色キープのために、ぜひ使っていただきたいアイテムです。

カラーシャンプーとの併せ使いで
マイナス5歳のおしゃ髪が作れちゃう♡
業界最多の6色展開
「テンスター ヘナ カラートリートメント」はこちら


天然ヘナのトリートメント効果で
使い込むほど、髪サラサラ★
ビギナーさん向けのスターターキット型
「テンスター ファインヘナ」はこちら


まとめ買いで安心♡
3倍量だから超ロングヘアもどんとこい!
リピーターさんに人気のお徳用タイプ
「テンスター ファインヘナ6P」はこちら

 

2020年11月27日|テンスターヘナ:テンスターヘナ