カラーシャンプーをご存知ですか


シャンプーのとき、汚れを落としながら髪を染めていく「カラーシャンプー」という便利な製品があるのをご存知でしょうか。
カラーシャンプーでのカラーリングは、染毛剤を使うよりずっとダメージが少ないのが特徴です。
カラーシャンプーの使い方は、ふつうのシャンプーとあまり変わらないので、とても気軽に始めることができます。

美容院で染めるのとは違い、カラーシャンプーの場合は「使ううち、自然に髪色がなじんでいき、白髪が目立たなくなる」という染まりかたですが、お財布と体に負担をかけずにキレイな髪色をキープできるのは、とてもうれしいものです。
伸びてきた白髪の根元や色落ちした毛先がすぐ目にとまる、カラーリング後のあのストレスから解放されたくありませんか?

染まりだしたら使用頻度を減らして、今までお使いのシャンプーと併用することもできますよ。


また、白髪染めをなさる方の悩みに
「いきなり髪が真っ黒になるので、会社の人や知人など、知り合いの目が気になる」
というものがあります。

カラーシャンプーは、徐染性といって、使用のたびに少しずつ髪を色づけていく性質を持っています。
水彩絵の具でひとふでずつ塗りかさねるように、淡い色から濃い色へと自然に仕上げていきますので、その点も心配いりません。
やわらかな泡で髪全体を包み込んで染めるので、ムラになるということもありません。
うすくセロファンでおおったように色調がととのった、統一感のある髪色になります。


即効性を求める方にはちょっと不向きなカラーシャンプーですが、髪や頭皮へのダメージを回避しつつカラーリングを楽しみたい方にはたいへんおすすめです。
カラートリートメントなどとも同じカテゴリーですので、ライン使いすることで、より美しい色に仕上げることができるでしょう。


強い染毛力をもつカラー剤、なかでもジアミン系の化合物を含む染毛剤にはリスクもともなうので、近年ではこのような安全志向の製品が好まれる傾向があります。
メリットとデメリットを比較して、自分にあった染毛方法を選んでくださいね。

2020年06月19日|テンスターヘナ:テンスターヘナ