色持ちをよくする「カラーシャンプー」

「色持ちをよくするシャンプーはありますか?」
とお客様から聞かれることがあります。

カラーリングの色を、少しでも長くキレイにキープしたい。

わかります! でも、はじめの髪色を保つのって難しいですよね。
みなさんはふだん、髪のためにどんなことをしてあげていますか?


今流行しているカラーリングは、透明感のあるやわらかな色み。
いわゆる、アッシュ系やグレー系がとても人気です。けれども、そういったニュアンスカラーは色褪せしやすく、早い人では1週間に一度くらいのペースで染め直さないといけなかったりします。

メンテナンスが課題なのですね。

そんな方々に最近よく使われているのは、「カラーシャンプー」です。
これは文字通り、髪を色づけてくれるシャンプー剤のこと。
色素が含まれているので、洗うたびに色素が髪に付着して色褪せを補い、カラーリングを長持ちさせたり、髪色に深みをもたせたりする効果があります。

色みもさまざまで、自分の髪色に合わせたものをチョイスすることができます。

カラーシャンプーは、カラートリートメントのように髪表面に色をソフトにのせるタイプなので、髪を傷めることはなく、毎日気軽に使えるのも利点です。
使う頻度や放置時間の長さに比例して色が入りやすくなりますので、使いながら様子をみていくのがよいかと思います。


使うタイミングは、美容室でのカラーリング後10日くらいからでしょうか。
色褪せしてきたのが肉眼でわかる程度で使い始めるといいですね。
そのくらいなら、染めたてのベストな状態の色みも邪魔しませんし、ちょうどよいと思います。
カラートリートメントなど、ご自宅で白髪染めをされている場合はもっと早いタイミングでお使いになったほうが効果的です。

いずれ、弊社からもカラーシャンプーをご紹介できればと願っております。
ロングラン商品として発売している「テンスター ヘナカラートリートメント」と同じ染料・同じ色みで、カラーシャンプーもつくることができたらいいなあと思うのです。

このカラートリートメント、一度使い始めると手放せないくらい便利な商品なのですが、私自身は髪がかなり長いので、全体染めをひんぱんにはしないのです。
ですので、気になるのは色褪せの早い毛先のキラキラ感。
“なんとなく”でもいいから、短時間で全体を同じ色調にととのえられたら快適なのに…と感じています。

みなさまはいかがですか?

ドライヤーの熱や洗髪、紫外線などで日々失われていく色みを補給し、カラーリングの色持ちをよくするカラーシャンプー。
いろいろな会社から発売されています。もし髪の色落ちで悩んでいたら、ぜひチェックしてみてくださいね。


2020年06月12日|テンスターヘナ:テンスターヘナ