乾燥肌もオイリー肌も、オイルでリセット


ヘナの産地であるインドの伝承医学「アーユルヴェーダ」では、オイルが薬のように多用されます。
温めた植物オイルをひたすらお肌に塗りこむボディトリートメントや、額に油を注ぐシローダーラーなど、とても有名ですよね。
施術ではさまざまな薬草を煎じた香油が用いられることが多く、立ちのぼる香りでも癒され、心身の緊張が解き放たれていくといいます。

インドの女性は、ヘナで髪を染める前にも、あらかじめオイルでヘッドマッサージをすることが多いそうです。
オイルは、毛穴に詰まった古い皮脂汚れをゆるめ、やさしく浮き上がらせ、頭皮を保護してくれるのです。


定期的な毛穴クレンジングは、ベタつく頭皮にも、乾燥してかゆみを感じたりする頭皮にも効果的。
ちょうどよい皮脂バランスに整えてくれるので、1週間に1~2回ケアする習慣を持つといいと思います。
カンタンですので、やり方を以下にご紹介します。

【用意するもの】
オリーブオイル、太白胡麻油などの植物油

【クレンジング方法】
(1)スプーン1杯程度のオイルを、シャンプー前の乾いた頭皮になじませます。
※強くもみ込む必要はありません。メイクを落とす要領でマッサージしてください。
(2)そのまま5分~10分放置し、シャンプー・トリートメントで仕上げます。


植物オイルは髪や肌へのなじみがよく、全身に使えるすぐれもの。ぜひ一度お試しくださいね。

2020年02月28日|テンスターヘナ:テンスターヘナ