ヘアミルクでナイトケア

髪は、フェイスラインを縁取るアクセサリー。
髪がととのっていると、それだけでキレイに見えます。
何歳になっても、清潔感のある美髪を保ちたいですね。


髪を乾かす前に、アウトバストリートメントをつけていますか? 
なにもつけないまま、いきなりドライヤーやアイロンで熱を加えてしまうと、髪の乾燥や傷みがすすむことがあります。
できれば、乾かすときやスタイリングするとき、髪をコーティングし補修してくれるヘアミルクなどをつけておくとよいですね。
※ ヘアミルクとは、乳液状で洗い流さないタイプのヘアトリートメントです


ヘアミルクはアウトバス製品で、使い方は2パターン。
ドライヤー前の濡れた髪、ドライヤー後の乾いた髪、どちらでも使えます。
熱ダメージに強いヘアミルクなら、ドライヤー前につけておくのがベストです。
ヘアミルクの特徴は、ごくごく軽いあっさりしたつけ心地にあります。
スッと髪になじむので、スタイリング剤が苦手な方でも使いやすく、ナイトケアにも向いています。
頭頂部がペタッとなりやすい方や、ねこっ毛で髪がやわらかい方にもおすすめです。


お客様相談室では、ヘアミルクとヘアオイルの違いについて、お客様からたずねられたことがあります。
やはりつけ心地の違いがいちばん大きいと思います。

ヘアオイルはしっとりつややかに仕上がり、対してヘアミルクはサラサラ軽やかな仕上がりに。
髪の乾燥が強く、ミルクではもの足りない方はヘアオイルを。
反対に、オイルのしっとり落ち着いた感じが苦手な方は、ヘアミルクがおすすめです。


ヘナと「WIDERUSH」のW配合で
ぺたんこヘアをボリュームアップ♪
テンスター ダメージケアミルクはこちら

2020年02月25日|テンスターヘナ:テンスターヘナ