ヘアカラーの色もちアップ、どうすればいい?

せっかく美容院でカラーリングしたのに、10日で色落ち・・・。そんな経験、ありませんか? 
今回は、カラーを長持ちさせるための大切なポイントを4つお伝えします。キーワードは「キューティクルケア」です。


1,外的な刺激からガード

カラーリング後24時間から48時間の髪は、ちょっぴり不安定。染料が定着するまでは、そっとしておいてあげましょう。カラーリング当日はシャンプーせず、次の日から洗うよう心がけ、高すぎる湯温にもご注意を。



また、髪はタンパク質でできているので、加熱すると硬くなります(タンパク変性)。ドライヤーやコテの使い方によっては、このタンパク変性が起きやすくなるそう。髪は、70℃くらいからタンパク変性が始まるといわれるので、やや低温に設定し、なるべく短時間で仕上げるのがコツです。



2,低刺激アイテムでやさしくケア

一般のシャンプーは、頭皮をさっぱり仕上げるために、洗浄力が強め。カラーリング直後のデリケートな髪に洗浄力の強いシャンプーを使うと、あっという間に色抜けする場合があります。

おすすめは、アミノ酸系の低刺激シャンプー。マイルドな洗浄力で、毛髪補修成分などが配合されたものを選んでみてください。



3,トリートメントで保湿&コーティング

カラーリング後のキューティクル層は、もろくはがれやすい状態に。髪の保護膜であるキューティクルが開いたりはがれたりすると、内部のタンパク質・水分・油分・色素なども流出しやすくなります。いわゆる「ダメージヘア」です。

洗髪は短時間ですませ、保湿効果の高いトリートメントでしっかりケアしましょう。



4,カラーリング専用アイテムをチョイス

褪色を遅らせるカラーリング専用アイテムは、ぜひそろえておきたいところ。

ヘアカラー専用シャンプーは、色素の流失をなるべく少なく抑えながら汚れを落とし、カラーリング後の髪に必要な成分を補い、アルカリ除去を促すもの。伸びてきた白髪や色抜けがすすんだ髪には、色素チャージできるタイプのシャンプーもおすすめです。



最近では、熱ガード機能・褪色防止成分などを含むスタイリング剤もでているので、積極的に取り入れてみて。

ヘアカラー専用アイテムは、価格設定は高めですが、染め直す回数を減らせるので、トータルでコスパ◎なのです。


テンスター カラーシャンプー
テンスタースタイル カラーキープセラム




いかがですか?
カラーリングの色持ちをよくするポイントは、この4つです。初級編ではありますが、これをするだけでだいぶ色持ちがよくなるはず。

髪の傷みを抑えてきれいに染めたいなら、おだやかな作用の染毛料もおすすめです。気になる方は、ぜひお試しくださいね!


テンスター カラートリートメント
テンスター ファインヘナ

2022年01月13日|テンスターヘナ:テンスターヘナ|テンスタースタイル:テンスタースタイル