ワックス脱毛のこつ

脱毛で有名なのは、「ブラジリアンワックス」ですね。脱毛したいところにワックスを塗って不織布をかぶせ、一気に剥がします。温めて溶かしたワックスを塗って、固まったところをペリッ! と剥がす方法もあります。


大量の毛をいっぺんに毛根から抜くので、もちろん痛みはあります。ただ、痛みには個人差があり、「慣れると爽快」と表現する方も。やり方のコツをつかめれば、かなり軽減できるようです。
また、定期的に脱毛することで徐々に毛根が弱くなり、細くやわらかい毛になっていきます。

 

毛根からムダ毛を抜くので、ワックスで一度処理すれば、1~2週間くらいツルすべ状態をキープできます。翌日にはチクチクするカミソリに比べれば、効果はずっと長持ち。そのため、ブライダルエステでも、最近はシェービングではなくワックス脱毛が主流となっているそうです。


脱毛とはすなわち、毛乳頭から毛根を引き抜くことなので、お肌も引っぱられて赤くなるケースがあります。また、脱毛後に新しく伸びた毛が毛穴の中に埋もれたまま伸びてしまうケースもあります。
施術後に脱毛箇所を冷やしたり、ていねいに保湿したりすることで、お肌の負担をやわらげ、こういったトラブルを未然に防ぐことは可能です。埋没毛の防止策には、施術1週間後のピーリングも効果的です。

 

アフターケアがポイントとわかれば、市販のワックスでセルフ脱毛するのはカンタンで楽しいもの。ケアしたお肌はツヤが全然違います♡ おうちですごす時間が多くなった分、自分磨きに取り組みたいですね。
素肌のハイシーズンはこれから。まだまだ間に合いますよ!
 



2021年05月28日|テンスターセシル:テンスターセシル