パッチテストの手順


ご使用の前に必ずパッチテストをおこなってください。

ご使用の前に必ずパッチテストをおこなってください。
アレルギー反応の有無を判断するためにパッチテストは必要です。商品を少量使用して、様々な問題(かぶれ・かゆみ・赤み・腫れ等)が起こるかどうかを事前にチェックします。
チェックポイント
① 塗布後30分後の観察で、即時型アレルギー反応の確認をおこないます。
② 塗布後48時間後の観察で、遅延型アレルギー反応の確認をおこないます。

③腕の内側にうすく塗り、30分様子をみます。
腕の内側に10円硬貨大にうすく塗り、そのまま触れずに30分放置します。
30分たって異常がないことを確認したら、そのまま触れずに48時間放置します。
●テスト部は、乾くまで衣服につかないようにご注意ください。

④さらに48時間放置します。
●途中でかゆくなったり、発疹がでた場合はすぐに流しましょう。
●入浴時に落ちてしまった場合は、同じところに塗り直してテストをつづけてください。

⑤48時間後様子をみます。異常がないか確認し、使用します。
48時間後の確認で異常がなければ、使用してください。
●テストした部分はテスト後によく洗ってください。