テンスターヘナブログ

縮毛矯正をやめたい方に

重度のくせ毛や加齢によるうねりが悩みで、ふだんから定期的に縮毛矯正をかけている…そんな方は意外に多いかと思います。かくいう私もその一人です。
(以前に記事を書きました↓)
縮毛矯正と染毛料の色落ち


アイロンもブロウもなしでサラサラの美髪が叶う縮毛矯正ですが、美容師さんいわく「すれば必ず髪に大きなダメージを与えます」。実は美容院のメニューの中でもっとも髪を傷めてしまうのが、この縮毛矯正だそうです。

なにしろ縮毛矯正は、過酷な施術。まず薬液でキューティクルを開いて、毛髪内部のアミノ酸結合を切断し、直毛になるよう再結合させてから、さらにストレートアイロンで加熱して伸ばし固定させるのです。直後の仕上がりは美しく見えても、薬液や熱による本質的なダメージを回避することは、まず難しいでしょう。数日間は洗髪のたびに薬液の匂いがしますし、残留アルカリによる組織の継続破壊もあるといわれています。


縮毛矯正は本当に便利ですが、頼り切って、深く考えないまま常習的に施術を続けるなら、髪本来の健康や美しさをそこなう場合もあるだろうと、私はつねづね思わされています。

その点、完ぺきではないけれど、「髪を傷めないくせ毛対策」としてヘナはおすすめです。

ヘナは乾燥の厳しい地域に自生する植物。そのため、すぐれた保湿効果を持っています。ヘナを髪に塗ったからといって、縮毛矯正のように一度でくせがなくなることはありませんが、くせ毛特有のゴワツキはやわらぎ、落ちついたまとまりのよい髪になります。

また、ヘナはキューティクルのきめを揃えて、光沢を与えます。
くせ毛のキューティクルは不揃いで、たとえるなら「すりガラス」のような感じ。そのため光の反射も鈍くなりがちで、「透明ガラス(直毛)」のようなツヤ感には乏しい傾向があります。でも、ヘナならその点もカバーしてくれるのです。

 

健康な髪の輝きには、なにものにも代えがたい美しさがあります。「健康な質感」と「美しいエイジング」、このふたつは切っても切れない関係にあると思います。歳を重ねれば重ねるほど、どなたもそのことを実感するのではないでしょうか。

いかがでしたか? 縮毛矯正するとしても、できれば梅雨入り前や年末年始など「どうしても」というときだけにとどめるのがおすすめです。そして、ふだんのお手入れにはぜひ、ヘナを活用してくださいね。

 

2020年09月24日テンスターヘナ:テンスターヘナ

ファインヘナの成分について

弊社お客様相談室に、ときおり、ファインヘナの配合成分についてお問い合わせをいただくことがあります。ファインヘナは弊社のロングラン商品で、植物成分100%のヘアカラー。現在4色ご用意していますが、それぞれの色は、下記の素材をかけあわせることで表現しています。ご購入の参考になればさいわいです。

ヘンナ葉


西南アジアから北アフリカにかけて自生するミソハギ科の植物で、和名は「指甲花(しこうか)」「ツマクレナイノキ」。人の暮らしや民間医療とのかかわりは深く、古くは旧約聖書にも登場します。とくに中東においては愛・婚礼といったイメージをもつ植物です。
乾燥させた葉のパウダーを水で練ってペースト状にし、髪に塗ると、オレンジ系の色に染まります。ボディペインティングとしてはメンディが有名です。花にはロマンチックな芳香があり、香水の原料となります。


ハイビスカス花エキス


観賞用から食用まで200種ほどあると言われるハイビスカス。インド大陸の伝統的予防医学である「アーユルヴェーダ」にも用いられるアオイ科の植物です。南国産のため紫外線に強く、保湿力を高めるハーブとされています。
食用ハイビスカスにおいては有機酸やミネラルを豊富に含み、疲労回復と新陳代謝を促す効果を持つことが知られます。エイジングケア対策として、基礎化粧品・ヘアケア製品・ボディケア製品など、美容にかかわる幅広い商品に配合される天然成分です。


ナンバンアイ葉(インディゴ)


紀元前から染料として使われているマメ科の植物、ナンバンアイ。ナンバンアイ(もしくは木藍)という和名より、「インディゴ」の方が有名です。降雨量の多い高温多湿な地域で栽培され、繁殖力の高い男性的なハーブとして知られます。
インジカンという染色成分が水に溶け、空気に触れることで、きれいな青に染まります。オレンジの色素を持つヘナとかけあわせることで、ブラウン・ブラック系の色調を出すことができます。


アムラ

 

トウダイグサ科の落葉性の小高木で、「インドスグリ」とも呼ばれます。果実には宝石のような透明感があり、ビタミンCと鉄分を多く含みます。アーユルヴェーダで重用されてきましたが、近年では、抗酸化作用の高いエイジングケアハーブとして、改めて注目されている天然成分です。
アムラはキューティクルをしっかり締めるので、髪に強さとしなやかさが加わります。頭皮の環境改善・髪のボリュームアップに有効といわれるのはそのためです。


シカカイ


ネムノキ科の低木です。天然の洗浄成分サポニンを多く含むため、粉末をお湯に溶かしてかきまぜると泡だちます。アムラとブレンドされることが多い成分で、皮膚の脂分や髪のケラチンタンパクを損なわないのが特徴で、「理想的なシャンプー」とされます。
頭皮の状態を改善してフケやかゆみを防ぎ、髪をしっとりなめらかに落ち着かせ、指通りを改善するトリートメント効果も持っています。


ハラダ


ハラダはインド原産の植物で、シクンシ科の高木です。和名「訶梨勒(かりろく)」。ミロバランとも呼ばれ、多くはインド更紗の下染めなど、草木染の染料として使われ、緑がかった淡く美しい黄色に発色します。日本にもたらされたのは室町時代のことで、芳香を発する縁起の良い植物として、広く受け入れられてきたようです。
多量のタンニン酸を含み、髪を強化する働きがあります。また、整腸作用・抗菌作用・解毒作用もあるとされ、漢方やアーユルヴェーダでは下痢止めとして用いられます。

2020年09月17日テンスターヘナ:テンスターヘナ

カラーシャンプー 使い方のポイント3つ

毎日のシャンプーとして使ううち、自然に髪が染まっていくカラーシャンプー。少しずつ染まっていくことを「徐染性」というのですが、色づき具合はセロファンをイメージしてください。カラーシャンプーの場合、放置時間よりも使用回数がポイントになるので、今すぐ濃く染めたい方には向いていませんが、実際にテンスターカラーシャンプーで白髪を3回染めると、このぐらいは染まります。

ダークブラウン×3回

いかがでしょう、けっこう染まっていませんか。
「カラーシャンプーは染まらないもの」という先入観があった私自身、実験をしてみてびっくりでした。


さて、カラーシャンプーの使い方には、3つのポイントがあります。


① 5回はあきらめない

ダークブラウン×5回

テンスターカラーシャンプーを5回、連続使用してみました。回数を重ねるたびに、どんどん色濃くなっているのがわかります。染まりかたには個人差がありますので、これより早く染まる方も、スローペースの方もいらっしゃいますが、まずははじめの5回、あきらめずに使ってみてください。1週間で効果を実感していただけます。

② スタイリング剤は先に落とし、たっぷりの泡で

ワックスやジェルなど、べっとりつくタイプ/しっかり固めるタイプのスタイリング剤が髪に残ったままだと、どうしても染まりが弱くなります。その場合は、テンスターカラーシャンプーで2度洗いしてみてください。 そして、たっぷりの泡で髪全体を包みこめるよう、十分な量をお使いください。(シャンプー剤の分量が多いほど、濃く色づきます)

③ 染まった後は自由なペースで

はじめに書いたように、カラーシャンプーのポイントは、放置時間よりも使用回数です。気軽に毎日使い続けるうち、髪の色持ちはどんどん良くなり、あったはずの白髪が目立たなくなっていきます。目安としては、ミディアムヘアで、1ヶ月半に1本のシャンプーボトルを使い切るくらいが理想的です。
しっかり色づいてきたら、ご自分のペースに合わせてどうぞ。

 

お出かけ前のシャワータイムにも使えて、時短が叶うカラーシャンプー。バタバタ気忙しい朝でも5分で髪色が整うので、いちど使い始めると、その快適さに手放せなくなります。白髪があるかないかで、見た目年齢は大きく左右されるもの。ぜひ、カラーシャンプーを味方につけてくださいね。


業界最多の6色展開!
カラーシャンプーとの併せ使いで
マイナス5歳のおしゃ髪に♡
テンスター ヘナ カラートリートメント」はこちら


天然ヘナのトリートメント効果で
使い込むほど、髪サラサラ★
ビギナーさんにもおすすめの
「テンスター ファインヘナ」はこちら

2020年09月10日テンスターヘナ:テンスターヘナ

「カラーシャンプー」で #おこもりケア

テンスター カラーシャンプー」は、ホームカラーに特化した老舗のヘアケアブランド・テンスターのノンシリコンカラーシャンプーです。ドラッグストアなどにも置いてあって、おうちで気軽に使えると人気です。これひとつあれば、たいていの白髪はなかったことに♡ 

まずは、この商品の特徴をチェックしましょう。


●洗うたびに染まる

テンスター カラーシャンプー」は、染毛料タイプのシャンプー。繰り返し使ううちに少しずつ白髪を染めていくので、あのキラキラ感がどんどん失せて、気にならなくなります。

ただシャンプーするだけで髪に色素をチャージできるので、美容院で染めるほどでもないチラホラ白髪に悩む方や、カラーリング後の髪色キープを目指す方などにおすすめです。


●うるおいのベールで逃さない

洗いながら染め、染めながら傷めない。「テンスター カラーシャンプー」の秘密はなんといっても、独自の『ミクロカラ-コート処方』にあります。

うるおいコーティング膜が色素を逃さないので、鮮やかな髪色を実現するのです。

テンスター カラーシャンプー」は、ふつうのシャンプーなら洗うたびに流出させてしまうはずの色素を補充し、白髪もダメージも一緒にケアしてくれます


●ヘンナ葉エキス&ボタニカル成分配合

また、「テンスター カラーシャンプー」は、使用感の良さにもこだわっています。濃密なヘンナ葉エキスのほか、18種類ものボタニカル成分を配合しているので、洗っても髪がキシキシせず、スタイリング後はハリ・コシ・ツヤにあふれたみずみずしい感触に。半日経ってもぺたんとせず、マイナス5歳のボリューム感が出せると好評です。


 

●安心安全のフリー処方

もうひとつ、髪や頭皮に負担をかけない『アミノ酸系洗浄成分』なのも、大きなポイントです。人間の体はアミノ酸を基本としたタンパク質で構成されていますので、アミノ酸シャンプーと髪は親和性が高く、低刺激でいたわりながら洗えるのです。

(これに対し、安価でよく泡立つ「ラウレス硫酸ナトリウム」「ラウリル硫酸ナトリウム」などのサルフェート系の洗浄剤は、頭皮への刺激が強いとされ、これらを使わない「サルフェートフリー」のシャンプーに注目が集まっています。)


テンスター カラーシャンプー」は、サルフェートだけでなく、シリコン/ジアミン/パラベン/酸化剤フリー。石油系など、ほかのカラーシャンプーに満足いかなかった方も、いちど試してみる価値アリです!

2020年09月10日テンスターヘナ:テンスターヘナ
» 続きを読む