ブログ一覧

ほんのり差がつくお手入れ。カラーキープセラム

髪の色褪せは、ひとつのダメージサイン。シャンプー・紫外線・パーマやカラーリング・加齢など、ダメージにつながる要素はさまざまですが、まずは日々のヘアケアを見直したいもの。


キューティクルが乱れると髪は傷みはじめます。やさしくていねいに洗って乾かしスタイリングするのはもちろんですが、その際、補修成分の入ったヘアケア製品をセレクトすることも大切なポイントです。
髪の色褪せに気づいたら、キューティクルケアを意識してみてください。


とくに、水分をふくんだ髪は弱くもろいもの。ドライヤー前のアウトバストリートメントは必須です。

キューティクル層を外からそっと包んで保護しつつ、髪の内部に補修成分やカラーリング色素を封じ込めて、逃さないように。このひと手間を惜しまず、髪をしっかり乾かしましょう。


おすすめは、テンスタースタイルの「カラーキープセラム」。カラーの色褪せを防ぐカラーキープ成分として、シリコーンクオタニウムー17とクロスポリマーがW配合されたヘアセラム(美容液)です。

髪の表面の凹凸をなめらかにし、洗練されたグロス感のある自然なツヤ髪に。ドライヤーの熱から髪をガードしてくれるだけでなく、天然のヘンナ葉エキスでハリコシもUP。国産の純椿油も入っているので、つややかでしっとりした大人髪に仕上がります♡

2022年05月09日テンスタースタイル:テンスタースタイル

自然なストレートが続く。理想の「くせ毛用セラム」誕生

テンスターの姉妹ブランド「テンスタースタイル」から、待望のスタイリング剤が新登場。トリートメントでありながら、くせ毛を一日中、ナチュラルストレートメイク! 絶妙なセット力です。


くせ毛のヘアケアに大切なのは、①水分バランス調整 ②ダメージ補修&予防 の2点。それなので、「ストレートキープセラム」には、 “湿気ガード機能”を搭載。髪のダメージ補修+水分コントロールを担うストレート成分※1を配合し、毛髪のうねりなどを抑制します。

※1 ステアルジモニウムヒドロキシプロピル加水分解ケラチン(羊毛)


「雨の日に広がりがち」「朝のスタイリングに時間がかかる」「パサついてまとまらない」。くせ毛のウィークポイントである湿度にアプローチできる「ストレートキープセラム」なら、そんな悩みにしっかりと寄り添ってくれるはず。


また、ドライヤーやコテなどの熱に反応してダメージを補修し、ストレート形状を固定するトリートメント成分※2や、カラーリングの色落ちを抑えて染めたての髪色を保つWカラーキープ成分※3も配合。さらに、とろける質感のテクスチャーとここちよいガーデンティの香りで、日々のストレスも軽くなりそうな予感!

※2 γ-ドコサラクトン
※3 シリコーンクオタニウム-17、(加水分解シルク/PGプロピルメチルシランジオール)クロスポリマー


試行錯誤のすえに完成した「ストレートキープセラム」、くせ毛女子の理想をぎゅぎゅっ♡ と詰めこんであります。
朝スタイリングしたお行儀のよいストレートヘアが夕方まで続く、お役立ちセラムのご紹介でした!



グレー系カラーで、ふんわり軽い大人髪♡
髪をいたわりながら5分で染める
「ヘナ カラートリートメント」ダークグレージュはこちら!

2022年04月06日テンスタースタイル:テンスタースタイル

ついにグレー系登場♡いつもの白髪染め、楽しくなる!

お風呂で毎日使える秀逸アイテム「テンスター ヘナカラートリートメント」から今春登場した「ダークグレージュ」は、注目のグレー系カラー。マンネリ作業に陥りがちな白髪染めが、これで一気に楽しくなる予感♡ 使うたびに気分を盛り上げてくれる新色、お早めにチェックを。


TENSTARのカラートリートメントは、体にやさしい半永久染毛料。髪表面をコーティングして色素の定着を促す「ミクロカラーコート処方(特許取得)」を採用しています。
そして、ヘンナ葉エキス・ツバキ種子油といったボタニカルな保湿成分を配合。乾燥に弱くうねりがちな髪も、しっとりなめらかに仕上げてくれます。



テンスター ヘナカラートリートメント」は、一般のトリートメントのように手軽に使えるので、伸びかけの白髪のリタッチもカンタン。目立ちやすいフェイスラインや分け目の染め直しがすぐできるので、重宝します。
大人髪をいたわりつつ、加齢に伴う小さなほころびを補修し、ハリ・コシやツヤを与えながらしっかり染めていく。そんな、配慮に満ちたカラーリング機能がロングセラーの理由なのです。



新色「ダークグレージュ」はグレーとベージュのミックスカラー。日本人特有の髪の赤みをおさえて落ち着きを感じさせ、やわらかく透明感のある髪色に導きます。
おだやかな使い心地で、マイナス5歳のうるツヤ髪を演出してくれることまちがいなし。トレンド感のある白髪ケアに取り組みたいという方は、ぜひ「ダークグレージュ」をお試しあれ!



毛先までしっかり包んで
染めたての髪色、そのまま封印!
艶めく髪が続く「カラーキープセラム」はこちら♡



髪や頭皮を休めたい週末や、外出なしのリモートデーこそ、
白髪ケアを1アイテムで完成したい!
そんなときこそ「カラーシャンプー」をどうぞ♡

2022年03月31日テンスターヘナ:テンスターヘナ

パサつくダメージヘアに、椿油

「うるおい感ゼロ」「髪のひろがりが気になる」「パサパサ」。

そんなダメージヘアには、植物オイルがおすすめ。オイルで髪表面がカバーされると、水分量をよりキープしやすくなるのでしっとりまとまるようになります。

植物オイルは、髪にまとまりとツヤを出すのに軽く仕上がるので、とても良い感じになります。一度に大量につけず、少しずつ重ねるのがポイントです。



さらに・・・
ぜいたくですが、オイルでヘアパックをすると、髪の質感が変わります。私は、土日は起きてすぐにオイルをつけ、湯船に浸かりながらヘアパックします。これだけで、びっくりするくらい髪の感触がしなやかに。

おすすめは、皮脂に近いオレイン酸という成分を持つ椿油です。



【用意するもの】
本島椿純椿油などの植物オイル


【やり方】
(1)適量を取って、両手で髪全体にオイルをもみこむ。頭皮にもなじませてよい。
(2)髪が長い場合は頭頂部にまとめ、さらにラップで頭をおおう。20分~40分ほど放置する。
(3)髪や地肌をそっとほぐしながら、ついたオイルをお湯でていねいにすすぐ。
(4)いつものようにシャンプー、トリートメントをする。



泡立ちを助けるため、パック後にいったん髪をよくすすいでオイルを落とし、それからシャンプーするのがコツです。熱すぎるお湯や、非アミノ酸系シャンプー剤での2度洗いは乾燥やダメージを招くので、できれば避けたいですね。

このオイルパックは1回でも効果を実感できますが、2回、3回と続けて行うと、サロン帰りのようなサラサラ髪に。ヘナ染めをする方も、ぜひ一度、オイルパックのあとの髪でトライしてみてください。質感良く仕上がります。


美容師さんやモデルさんのあいだでも流行している、オイルパック。コスパや時間の面で負担が少なく、定期的に続けやすいのもうれしいポイントです。椿油が気になった方はお試しくださいね。ご購入はこちらです。


2022年03月10日本島椿:本島椿
» 続きを読む