ブログ一覧

「カラーシャンプー」はマストアイテム

ヘアカラーを長持ちさせるために知っておきたいアイテムが、「カラーシャンプー」。カラーシャンプーには、髪の色落ちを防ぎ、色素とツヤとうるおいを補って、髪の質感を美しく保つ効果があります。洗い流す前に少し時間をおいて、色素を定着させるのが一般的です。


ホームカラーに特化した老舗のヘアケアブランド、テンスターから新発売のカラーシャンプーは、天然アミノ酸系を主剤としたノンシリコンシャンプー。シャンプーとは思えない発色の濃さにこだわって作った、自信作です。

きちんと汚れを落としながらも5分で髪色を整え、さらツヤの質感に。


私自身、カラーシャンプーでは白髪は染まらないものと思っていましたが、「テンスター カラーシャンプー」は、1回目から染まった実感がでてきます。使うほど染まっていくので、ぜひ5回まではあきらめずに使ってみてください。 お風呂でシャンプーするだけで色がつくので、とにかくラクです! 

いったん染まってしまったら、1週間に1・2回のケアでも大丈夫と思います。

また、特許取得のミクロカラーコート処方で、カラーリング後の髪の色素流出を抑えるほか、天然ヘンナ葉エキス(保湿成分)でまとまりやすい髪に。自然なハリ・コシがでるので、ロングヘアでもぺたんこになりにくいですよ。


カラーシャンプーの色は、髪色に合わせて選ぶのが一般的ですが、あえて肌色に合わせても。ブルべさんには寒色系のソフトブラック、イエベさんには暖色系のダークブラウンがなじみます。

この話は、機会がありましたら、改めて書かせていただきたいと思います。

なお、髪質や頭皮の肌質によっては、染毛剤タイプのカラー剤が使えない方もいますので、そういった場合も、このような体にやさしい染毛料を上手に選びながら、髪色をキープするとよいでしょう。自分で染めるのは難しい/面倒だと思う方にこそ、ぜひ試していただきたいです。

 

カラートリートメントやヘナに、カラーシャンプーを組み合わせて使うのが、いちばん仕上がりが美しくおすすめです。カラーシャンプーを使うということは、日々のお手入れで洗い流してしまうはずの色素をかえってチャージすること。結果的に、全体染めの頻度も下がってきます。

カラーリング直後からも、褪色してからも大活躍のカラーシャンプー。おしゃれな髪色キープのために、ぜひ使っていただきたいアイテムです。

カラーシャンプーとの併せ使いで
マイナス5歳のおしゃ髪が作れちゃう♡
業界最多の6色展開
「テンスター ヘナ カラートリートメント」はこちら


天然ヘナのトリートメント効果で
使い込むほど、髪サラサラ★
ビギナーさん向けのスターターキット型
「テンスター ファインヘナ」はこちら


まとめ買いで安心♡
3倍量だから超ロングヘアもどんとこい!
リピーターさんに人気のお徳用タイプ
「テンスター ファインヘナ6P」はこちら

 

2020年11月27日テンスターヘナ:テンスターヘナ

おすすめ! ヘナ染め便利グッズ

なくてもいいけれど、あればちょっと嬉しい。ご自宅でのヘナ染めを楽しくする、お役立ちアイテムをいくつかご紹介します。

1.泡だて器

ヘナペーストには少しくらいダマがあっても大丈夫。でも、なめらかなペーストがお好きな方には、ミニサイズの泡だて器がおすすめです。ドレッシング用として売られているものが、場所も取らずよいと思います。泡だて器で撹拌することで、ペーストが空気を含みふんわり仕上がるので、より塗りやすくなります。

2.シェーカー容器

「いちいちお湯を量ってペーストにするのはちょっと面倒」
「粉が舞うのがイヤ」
そんな方には目盛付きのシェーカーがおすすめ。お湯とヘナパウダーをセットしてしっかり閉め、上下に振るだけでペーストのできあがりです。

3.アプリケーター

ロングヘアの方は、ぜひアプリケーターのご用意を。美容室で薬液を入れている、おなじみの容器です。髪の根元から毛先まで均等にヘナペーストを置くのは、ちょっと慣れが必要ですが、これがあれば、ブラシや刷毛よりもカンタン。片手で塗布しながら片手でもみこみ、手早く仕上げられます。


4.リングゴム

ロングヘアの場合、ペーストをもみこんだ髪をまとめあげる作業がありますが、意外に大変。そこで、髪にからまないビニール製のリングゴムを使い、はじめの一束でおおざっぱにおだんごを作るのがおすすめです。残りの髪をそこに巻きつけられるので、作業がラクになります。

 

5.アルミキャップ

アルミキャップもあると便利です。ペーストを全体に塗布して髪をまとめたあとの放置時間、しっかり保温できるので色づきがよくなります。アルミキャップは体から出る熱を逃がさずキープしてくれるので、高温多湿でよく発色するヘナには最適のアイテムです。

6.フィットタオル

フィットタオルは、動きやすく熱を逃さない毛染め用タオルです。ヘナ染め中はケープとして肩に掛けて衣服の汚れを防ぎ、その後は、ボタンを外さずに頭を包み込んでヘアターバンに。 シャンプー後のタオルとしても利用でき、一枚あるとなにかと便利です。


いかがでしたか? 便利なアイテムを使いこなすのも、ホームカラーの醍醐味です。無理せずナチュラルに、まいにちの髪のお手入れを楽しんでくださいね。
まとめ買いで安心♡
3倍量だから超ロングヘアでもどんとこい!
リピーターさんに人気の
お徳用タイプ「ファインヘナ6P」はこちら

週一のケアでキレイな髪色♪
ダークなヘナをお探しの方に!
ジアミン不使用「スピーディーヘナカラー」はこちら

2020年11月17日テンスターヘナ:テンスターヘナ

35歳は、女性の「髪の曲がり角」?

女性の髪のツヤと太さは、およそ30~34歳でピークを迎え、その後は急速に下降していくようです。白髪を気にし始めるのもちょうどその年代で、女性ホルモンの影響から体のあちこちに変化が出てくるお年頃だそう。お肌の曲がり角という言葉がありますが、髪にも曲がり角があるのですね。(ちなみに男性の髪のピークはもっと早く、なんと20歳頃だそうです・・・)


若いころはストレートヘアだった方も、顔の筋肉や頭皮の筋膜が衰えると、髪のうねりが目立ち始めます。丸かった毛穴が楕円に近づき毛根がゆがむため、髪が成長するときにくせがつき、うねりがでやすくなるのです。頭皮のたるみの影響の大きい耳の上・襟足を中心に、くせやうねりが強くなるケースもあります。これが、いわゆる「エイジング毛」です。


頭皮の弾力に乏しい人は、毛穴もゆがみやすいため、少し注意が必要です。肩がこっている人は頭皮も硬いので、意識的にほぐしてみてください。頭皮が硬く、血のめぐりが滞りがちになると、毛髪の成長サイクルは短くなり、健康な太い髪も生えにくくなります。このような悪循環に陥っている場合は、髪が育つ土台そのものを立て直していく必要があります。


くせ毛のタンパク質分布(シスチン結合)は不規則で、水分と油分のバランスを均一に保ちにくいという難点があります。また髪内部のケラチンタンパク自体、加齢によって減少していきます。
くせやうねりだけでなく、うるおい不足や乾燥など、髪のエイジング現象が同時多発的に起こっている場合は、まず、保湿力の高いヘアケア製品を選ぶとよいでしょう。洗髪後のアウトバストリートメントやヘアオイルは、大人の髪のマストアイテムです。



ヘナは、髪のケラチンタンパクが抜け落ちてしまった部分に結びつき、ダメージを補修する性質を持つので、髪質改善トリートメントとして活用するとよいと思います。ヘナの染毛成分「ローソン」が、髪1本1本を包み、つややかでまとまりやすい髪に。さらに、細くなった髪に必要な強度をチャージし、キューティクルを整え、抵抗力のあるしなやかな髪へと導いてくれます。


シャンプー前に、天然オイルを使って頭皮マッサージをしておくのもおすすめです。頭皮がすっきりすると、気持ちもリフレッシュできます。オイルで髪と頭皮のうるおいを守りながら洗い上げ、気になるうねりやパサつきもケアして、しっとりサラサラへアに!

髪は女性の命。弾力のある美しい髪は女性を輝かせてくれます。正しいケアで、年齢に負けないキレイな髪をキープしていきましょう。

2020年11月06日テンスターヘナ:テンスターヘナ

ヘナのグレードについて


お茶の葉っぱと同じように、ヘナにも等級があります。ヘナのグレードはA~Gまであり、発育状態・生育した土壌・ローソンの含有量・不純物(茎、花、砂など)・粒子の細かさ・鮮度などできまります。市場において高値で取引されるのは、ベストシーズンに収穫されたヘナ、新鮮で葉色のよいヘナ、肉厚で形状のととのったヘナ、良く染まるヘナです。

25年ほど前、美容室を中心に「ヘナブーム」が起きましたが、そのとき流通したヘナには、良質とはいえないものが多くありました。


良質なヘナは、きめこまかなパウダー状で、うぐいす色をしています。香りは抹茶やイグサのようで、不快なにおいはありません。酸化がすすんでしまった古いヘナは、お湯で溶くと茶色になります。また、葉以外の部分や砂・雑草などの不純物が多く混入していると、染色効果は薄れます。収穫の遅れた開花後の葉も、繊維が固くなり栄養素が失われているため、効果が低くなります。

慣れてくると、これらのことはある程度まで、見分けることができるようになります


Aランクヘナとは、
① ローソン1.8%以上の含有 ②サンド2%以下 ③一般カビ菌検査合格 ④ヒ素混入検査合格 ⑤重金属検査合格  ⑥一斉全成分農薬検査合格 ⑦バクテリア検査合格 ⑧PPD検査合格 ⑨ピクラミン酸※ 混入検査合格 ⑩ダイヤモンドグリーン※ 検査合格 

の基準をクリアしたヘナです。


※ピクラミン酸
正式名:ピクラミン酸ナトリウム。不純物の多いヘナ/古いヘナなど、染毛力の弱いヘナに配合されることがある、赤色の染毛剤。安価なうえ、ごく少量で鮮やかに発色する。発がん性物質。

※ダイヤモンドグリーン
別名:ブリリアントグリーン。プラスチックなど着色する際に使用する工業用の化学色素で、人体には使用できない。ごく微量で鮮やかに発色する。劇薬、発がん性物質。


ファインヘナ」の原産国である、インドのラジャスタン地方・ソジャット州では、ヘナの生産・加工・保管における管理体制が確立しており、すべての工程において安定的供給がなされています。ファインヘナは、このソジャット州で厳選されたAランクヘナが原料です。

ソジャットはインド北西部の乾燥地帯。数カ月にわたる猛暑・わずかばかりの雨・朝晩の寒暖差といった過酷な気候が、上質なヘナを育てていきます。ファインヘナの原料になるヘナは、収穫のベストシーズンである11月につみとられたものです。
ヘナはインドだけでなく、アジアの国々に広く自生する植物ですが、ソジャット産のヘナの品質は格別。私たちは、このヘナを自信を持っておすすめいたします。


すぐにはじめられる!
全4色♪ 必要なものは全部入っているから
スターターキットにおすすめ!
使い切り型「ファインヘナ」はこちら

まとめ買いで安心♡
3倍量だから超ロングヘアでもどんとこい!
リピーターさんに人気の
お徳用タイプ「ファインヘナ6P」はこちら

2020年10月30日テンスターヘナ:テンスターヘナ
» 続きを読む