毛髪の構造のおはなし

とつぜんですが、海苔巻きはお好きですか?


毛髪の構造は大きく3層に分かれていて、よく、海苔巻きにたとえられます。

1) 毛表皮(キューティクル)
2) 毛皮質(コルテックス)
3) 毛髄質(メデュラ)

海苔の部分が毛表皮(キューティクル)、ご飯の部分が毛皮質(コルテックス)、具の部分が毛髄質(メデュラ)です。


1、 キューティクル
髪表面を覆うキューティクルは、ケラチンタンパクという物質でできています。
毛根から毛先に向け、魚のうろこ、あるいはたけのこの皮のように重なり合いながら、髪を保護しています。
キューティクルは、摩擦などの物理的刺激には弱くもろいため、無理なブラッシングやシャンプーでいためてしまうことがあります。

2、 コルテックス
コルテックスは、硬い繊維状タンパクが集まったものです。
そのタンパク質同士を「CMC」という接着剤がくっつけ、そうめんのような束状にしたのが髪です。

海苔巻きというより、そば寿司でしょうか。


コルテックスは髪の85~95%を占める重要な部分です。髪のしなやかさを左右し、髪色を決めるメラニン色素をふくんでいます。

3、 メデュラ
メデュラは髪の芯にあたる部分です。
太い毛には多く、うぶ毛や赤ちゃんの髪には少ないものです。
ヘアケアに大きくかかわるのは、主にキューティクルとコルテックスです。
キューティクルが傷むと、コルテックスから接着剤であるCMCが流出して縦に裂け、枝毛になります。
CMCには水分調節機能や栄養保持機能があるため、髪にとっては大きなダメージとなります。
キューティクルやコルテックスは、パーマ剤やカラーリング剤など、さまざまな薬品の作用を受けやすい部分でもあるので、普段からいためないように注意したいものですね。

2020年01月17日|テンスターヘナ:テンスターヘナ