ヘナ染めって本当にむずかしいの?

先日、ヘナの座談会をさせていただいたときのこと。

ヘナ染め初体験の方から、「今まで、自分で塗るのは難しいと思っていた」という感想をいただきました。
わかります! 私も以前はそのように考えていたからです。
ヘナはマニア向けの染毛料で、基本的に美容院でやってもらうものだと信じていました。

実は、おうちでのヘナ染めは想像よりはるかにカンタン。しかも、キレイに染めることができます。
テンスターのファインヘナをお使いの方も、ご自分で染めている方がほとんどです。
もちろん、どなたもはじめてのときは不安があったことでしょう。
けれども、ヘナ染めにむずかしい手順はありません。

「やってみたらカンタンで面白かった」
「染めているあいだ、ずっと気持ちいい」

という方も多く、セルフヘナの輪は確実に広がり続けています。
それでもやっぱり難しそうと思われるでしょうか?
そんな方にお伝えしたい、使い方のコツが2点あります。


1、 手で揉みこむ
「髪の毛をブロッキングしながら塗るのですよね?」
「後ろの方が見えないから無理」

いいえ、大丈夫です!
手袋をした手にヘナペーストをとり、髪の根元から毛先にむかって、揉みこむように塗っていきましょう。
塗るというより、ヘナペーストでシャンプーする、あるいはヘッドスパをする・・・そんなイメージで。
この方法なら、ご自分では見えない部分も上手に染められます。


2、 地肌についてもOK
ヘナは地肌についても問題ありません。おそるおそる慎重に取り扱う必要はないのです。
むしろ、泥パックのように地肌からたっぷり塗ってみてください! 
そうすれば根元からしっかり染めることができ、頭皮もすっきり仕上げることができるのです。
色残りしないか、どうしても気になる方は、生え際付近のお肌にコールドクリームなどを塗っておけば大丈夫です。

染め方は、動画でもご紹介しております。
キャップや手袋などすべてがセットされている、便利なスターターキットもあります。
初めての方でもカンタンにトライできますので、ぜひヘナ染めにチャレンジしてみてくださいね。

2019年07月12日|テンスターヘナ:テンスターヘナ