テンスターヘナブログ

カラートリートメントの特徴まとめ

●短所

カラートリートメントは、どんな髪でも染められるわけではありません。カラートリートメントには脱色作用がないので、真っ黒な髪に施術してもほぼ着色しないと考えていただくとよいでしょう。すでにブリーチを重ねて色抜けが進んだ髪や白髪が、カラートリートメントの染毛対象です。

また、やや色持ちしにくいのがカラートリートメントのデメリット。日焼けや洗髪を繰り返すうちに少しずつ色落ちするため、週に何回かのケアが必要です。ヘアカラー(染毛剤)とは染毛のスタイルが異なるので、一度でしっかり色づけたい方には不向きといえるでしょう。

次のサロンカラー(美容院での白髪染め)までのつなぎとして、カラートリートメントを利用する。
そんな方が多い印象です。


●長所

一般に、「ヘアカラー = 髪が傷む」というイメージがあると思いますが、カラートリートメントは傷んだ髪にこそ効果を発揮します。テンスターのカラートリートメントには、保湿剤としてヘナ(三宝オリジナル ヘンナ葉エキス)が配合されているので、上品なツヤと適度なハリのある、質感の良い髪に仕上がります。

また、カラートリートメントにはツンとしたいやなにおいがなく、快適な使い心地です。肌の弱い方や、髪が傷んでしまっている方、あるいは、ジアミンを含む白髪染めは体に合わない(ジアミンアレルギー)という方などにも好評をいただいています。(※ ただし、ヘナ関連商品のご利用にあたっては、パッチテストが必要となります)

アレルギーの主な原因、ジアミンについて
ヘアカラーで地肌がかゆくなるのは、アレルギーかも


●まとめ

カラートリートメントは、いわば育てるタイプの白髪染め。いわゆる一般的な「ヘアカラー」とは違い、髪や頭皮へのダメージを避け、おだやかに色づけすることができるのですね。

肌が弱い方や髪のパサつきが心配な方でも、比較的安心してトライできる白髪染めですので、ぜひみなさんも、ホームカラーにチャレンジしてみてくださいね!

髪に自然なボリューム♡
伸びてくる髪の根元を
まいにち色づけ!
テンスター ヘナ カラートリートメント」はこちら

2019年08月05日テンスターヘナ:テンスターヘナ

ファインヘナとスピーディーヘナカラーの違い

テンスターのヘナパウダーは2種類

天然の白髪染めとして知られる「ヘナ」。市販の染毛剤とは違って脱色作用を持たないため、ヘナは髪を傷めません。白髪へのカラーリング効果とトリートメント効果をいちどに実感できる、すぐれた素材です。

テンスターのヘナパウダーは2種類です。ヘナに各種ハーブを配合した植物100%の「ファインヘナ」。そして、ファインヘナにHC染料をプラスした「スピーディーヘナカラー」。それぞれに良さがあります。

色展開は合計6色となります。詳しくはカラーチャートをご参照ください。

植物100%。根強い人気を誇る「ファインヘナ」

インドに伝わる民間医学「アーユルヴェーダ」で汎用されるハーブを厳選し、天然のヘナに配合したものがファインヘナです。オレンジの色素をもつヘナとブルーの色素をもつナンバンアイ(インディゴ)を掛け合わせることで、自然なブラウンカラーを表現します。環境と人とにやさしく、トリートメント効果に富み、なめらかですっきりした洗いあがりです。毛先までしっとりつややかにまとまります。

すぐにはじめられる!
全4色♪ 必要なものは全部入っているから
ビギナーさんにおすすめ!
スターターキット型「ファインヘナ」はこちら


まとめ買いで安心♡
3倍量だから超ロングヘアでもどんとこい!
リピーターさんに人気の
お徳用タイプ「ファインヘナ6P」はこちら


色味重視。短時間でしあがる「スピーディーヘナカラー」

ファインヘナにHC染料を配合し色調整をほどこした「スピーディーヘナカラー」。植物染料本来のナチュラルな味わいを保ちつつ、日本人にしっくりなじむ髪色にしあげることのできるハイブリッド型ヘナです。染め時間はわずか20分。化粧品用に開発された人体に安全なHC染料が、天然染料ではむずかしいとされる深い色味に髪を染めあげます。同色のカラートリートメントと併用できますので、白髪ケアがよりラクになります。

週に一度のケアでキレイな髪色♪
ダークなヘナをお探しの方に!
ジアミン不使用「スピーディーヘナカラー」はこちら



2019年07月26日テンスターヘナ:テンスターヘナ

テンスター ヘナシリーズは発売18周年を迎えます

人と環境にやさしい植物由来のヘアカラーを提供したい。
そんな思いから誕生したテンスターのヘナパウダーシリーズは、もうすぐ発売18周年を迎えます。

ロングラン商品である「ファインヘナ」には、ヘナ特有のオレンジ色を抑えるためにナンバンアイ(インディゴ)を配合。
オレンジとブルーのかけあわせにより、植物染料のちからだけで、白髪をブラウンカラーにしあげます。
色味は4段階。100%ヘナにありがちな奇抜なオレンジではなく、自然な髪色に染まるので、性別や年代を問わず、多くの方々にご愛用いただいております。

植物成分100%の商品は、素材がすべてです。ご利用者様に安心と満足をお届けするためにも、国内の担当スタッフがひとつひとつていねいにチェックしながら品質管理に励んでいます。

リリースから早18年。自然の恵みと活力に満ち溢れたヘナを、これからも日本の皆さまにお楽しみいただけるよう、今日も開発と改良に取り組んでいる最中です。

ヘナに出会えてよかった、と思っていただけたら幸いです!

どうぞこれからも、テンスターのヘナをよろしくお願いします。

すぐにはじめられる!
全4色♪ 必要なものは全部入っているから
ビギナーさんにおすすめ!
スターターキット型「ファインヘナ」はこちら


まとめ買いで安心♡
3倍量だから超ロングヘアでもどんとこい!
リピーターさんに人気の
お徳用タイプ「ファインヘナ6P」はこちら

2019年07月19日テンスターヘナ:テンスターヘナ

ファインヘナ お徳用サイズのご案内

 

ファインヘナにはお徳用サイズがあります!
ファインヘナには、カップ入り80gタイプ(40g×2袋)と、箱入り240gタイプ(40g×6袋)の2種類があります。

ビギナーの方・まだ色決めに迷っておられる方には、使いきりサイズでスターターキット型の80gサイズがおすすめしていますが、リピーターの方は240gサイズを選ぶことが多いようです。

写真のように240gサイズは40gの袋が6個入って、お値段は5個分。つまりは、1個サービスでついてくる感覚なのですね! 手袋やキャップは使いまわせばいい、というリピーター様にとっては、このおトク感、やっぱり魅力だそうです。

ファインヘナ価格比べ

商品名 ファインヘナ ファインヘナ6P
価格(税抜き ¥1,000 ¥2,500
容量 80g(2袋入り) 240g(6袋入り)
付属品 カップ1、木製スプーン1、手袋1組、キャップ1 手袋3組、キャップ3

使用量の目安はどのくらい?
毛量にもよりますが、ヘナパウダーの使用量はショートヘアで約40g(1袋)、ミディアムヘアで約60g(1.5袋)、セミロングで約80g(2袋)がおおよその目安です。腰までのロングヘアなら、3袋使う方もいらっしゃいます。

240gサイズは、ショートヘア約6回分(40g x 6回)。1か月に1度ヘナ染めをするなら、半年分ということになります。製品の消費期限(品質保証期限)は未開封状態で3年とされていますので、品質的にも問題なくストックできそうですね!

ファインヘナを頻繁にお使いになる方は、ぜひ240gサイズがあることも覚えていてください。日常品こそ、お手頃価格でご提供したい。そんな感謝の気持ちから生まれた「ファインヘナ6P」のご紹介でした。

すぐにはじめられる!
全4色♪ 必要なものは全部入っているから
ビギナーさんにおすすめ!
スターターキット型「ファインヘナ」はこちら

まとめ買いで安心♡
3倍量だから超ロングヘアでもどんとこい!
リピーターさんに人気の
お徳用タイプ「ファインヘナ6P」はこちら

2019年07月19日テンスターヘナ:テンスターヘナ
» 続きを読む