ブログ一覧

若く見えるための髪づくりって?

女性誌などで
ときどき「若見え」という表現を目にしますね。

若見えのヒミツ。
若見えコスメ。
若見えコーデ…

メイクやコーデ、姿勢などを
ちょっと変えるだけでエイジング対策できるなら、
やはりとてもうれしいですよね!

人の印象年齢を
大きく左右するもののひとつに、
「髪」があります。

髪は顔のすぐ近くにあるため、
意外に目につきやすいパーツなのです。



●プロは質感に注目している

いきつけのヘアサロンの美容師さんによると、
年配の方ほど

・白髪が増えてしまった⇒染めなきゃ!
・コシがなくなってきた⇒パーマをかけなきゃ!

と焦ることが多いそうです。
けれども、若さの決め手になるのは、
髪色やヘアスタイルそのものより
その人の髪の持つ「質感」なのだとか。

つや・ハリ・弾力・まとまり・色合い・ボリューム、そして健康さ…。
そのひとつひとつが、
その人の雰囲気となり、総合力となり、
印象年齢(すなわち若く見えるかどうか)を大きく左右するのだと。

質感は、どれが欠けてもダメだけれど、
強いていうなら、
髪にはつやがいちばん大切かもしれない。
なぜなら、つやがないのは、
加齢によって髪の水分量が失われているのを公言するようなものだから。

全体にぱさぱさと乾燥しているのが、
大人の髪の大きな特徴ですね。

―そんなお話を伺いました。


●洗い流さないヘナトリートメント

テンスター ヘナシリーズは、
大人の髪の質感改善を、植物のちからでサポートするヘアケアブランド。
今秋、機能性天然化粧品原料である「オリジナルヘナエキス」を配合した、
洗い流さないヘナトリートメントを2種類リリースしました。


使用するタイミングは、朝晩2回。

ふだんの髪のお手入れにミルクとミストを投入して
印象年齢の若い髪をはぐくむこと。
その結果、
気持ちよくまいにちを過ごせるようになることを目指しています。


●ヘアミルク

夜用
パサつき・うねりをおさえ
しっとりまとめるミルク

ダメージケア ミルク 140ml

「ダメージケア ミルク」は、
眠っている間に作用する、
乳液タイプのトリートメントです。

ヘナエキスに含まれる濃密美容成分が、
髪内部の空洞を埋め
キューティクルのきめをととのえ、
つややかで充実した質感の髪に導きます。

●ヘアミスト

朝用
ボリュームアップしながら
ふんわり仕上げるミスト

ボリュームアップ ミスト 150ml

若見えするヘアスタイルに欠かせない
自然なボリューム感。
スタイリングの際、
プロは、前髪の立ち上げにいちばん注力するそうです。

おでかけ前のスタイリングに便利な「ボリュームアップ ミスト」には、
美容成分WIDELASH(ワイドラッシュ)を配合しています。

ワイドラッシュは、
「ビオチイルトリペプチド-1」と「パンテノール」の作用により
髪の保湿をうながす成分。
年齢の出やすい髪にうるおいを与えて
ハリとツヤにアプローチ。
フランス発の美容成分です。

根元から立ち上げて
若々しく仕上げたヘアスタイルを、
一日中キープ※するミストです。※個人差があります

2019年10月10日テンスターヘナ:テンスターヘナ

まとまらない髪におすすめ♡ ヘアミルク

髪が乾燥でパサつくのが気になる方におすすめなのが、洗い流さないトリートメント。なかでも、高い保湿力を持ちながらさっぱりとした使い心地のヘアミルクは、四季を通じて使いやすいアイテムです。


●ヘアミルクって?
ヘアミルクは、髪専用の乳液です。ダメージ補修効果を持つものが多く、ドライヤーなどの熱から髪を保護する成分も含んでいます。ヘアミルクを使うことで、指どおりのなめらかな美しい髪を取り戻すことができます。


ココロやすらぐゼラニウムの香り♪
パサつき・うねりをおさえ
しっとりまとめるミルクはこちら


●傷んだ髪のスタイリング向き
テンスターの「ダメージケア ミルク」は、エイジングに伴う変化の始まった大人の髪とはとくに相性が良く、眠っている間に、健康的なうるおいのある質感にととのえます。


ヘナに含まれる濃密美容成分「ローソニア」が、髪のケラチンたんぱく質欠落部分を集中ケアし、毛髪深部の空洞から表面のキューティクルまで、たっぷり保湿。べたつかず、軽やかな使用感です。

●ミルク・ミストのW使い推奨
姉妹品として、朝のスタイリングを一日中キープ※するヘアミストもあります。いずれもワックスやムースを使うより、ナチュラルでやわらかな印象にととのいます。※個人差があります


髪に回復性を持たせるWIDELASHTM(ビオチノイルトリペプチド-1、パンテノール)配合。細くコシのない髪も根元からゆたかに立ち上げ、いつでもどこでも、気になる部分を手ぐしでカンタンにととのえることができます。

ぺたんとなりがちな髪もおまかせ♪
ボリュームアップしながら
ふんわり仕上げるミストはこちら


●メンズアイテムとしても
実はこのヘアミルク、男女兼用で使えるアイテムです。ボタニカル成分として有効なヘナが配合されているヘアミルクはめずらしいので、もう少し髪のハリ・コシがほしい方や、若々しさが気になりはじめた方はぜひお試しを。さわやかに包みこむようなゼラニウムの香りで、女性モニター様からも好評でした。
おやすみ前のトリートメント習慣として、ヘアミルクをご案内させていただきました。


2019年10月04日テンスターヘナ:テンスターヘナ

【ヘナラボ】ヘナは時間をおけばおくほど濃く染まるのか?

相談室でよく受けるご質問に
「ヘナは放置時間を長くすればするほど、きれいに染めあがるのでしょうか」
というものがあります。そこで、100%ヘナペーストを使って染色実験をしてみました。

左から、放置時間10分、45分、90分、120分、180分。
毛束を時系列に並べましたが、いかがでしょうか。
40℃のお湯でペーストを作って塗布し、室温で放置し、お湯ですすぎ、25℃で乾燥させました。
撮影は6日後です。

たしかに時間を追うごとに濃くはなりますが、45分と90分、120分と180分では、それほど染めあがりに差はないような印象です。むしろ、忙しい時には45分で十分かもしれません。

日を変えて、今度はインディゴ入りのファインヘナで実験してみました。ファインヘナは、弊社で販売しているロングラン商品。色はダークブラウンを選びました。

同様に左から、放置時間10分、45分、90分、120分、180分。
こちらも、毛束を時系列に並べてみました。
40℃のお湯でペーストを作って塗布し、室温で放置し、お湯ですすぎ、25℃で乾燥。
撮影は5日後です。

ちょっとわかりやすくするために、明るめに撮ったものをもう一枚お目にかけます。
いかがでしょうか。ヘナ100%より微妙な色の変化がみられるのですが、おわかりになりますか?

ヘナにインディゴを加えて茶色に発色するよう調整した「ファインヘナ」の場合、45~90分でもっともバランスよく発色しますが、その後はインディゴが衰え、ヘナのオレンジが強くなるようです。
これは、インディゴの作用のピークが90分あたりで、ヘナの作用のピークが120分あたりだからではないのかなと考えました。後日、もう少し詳しく調べてみたいと思います。

ですので、オレンジ系ではなく、暗めのブラウンに発色させたい場合は、濃くしたいからといって長時間置くのではなく、90分以内の染めを2回(2日)にわたってするのがよいのではと思います。

参考になりましたでしょうか?
では、2度染めした場合と、長時間放置した場合、染まりにどの程度違いが生まれるのか、いずれまた実験してみたいと思います。

2019年09月27日テンスターヘナ:テンスターヘナ

【ヘナラボ】一晩おいたヘナペーストは良く染まる?

弊社の説明書では、ペースト化したヘナは使い切るようにご案内しています。これは、劣化や腐敗などをふせぐためです。
けれども、一般的には寝かせたヘナで染める方法もあるようで、またその方がよく染まるといううわさも聞きました。
そこで、100%ヘナペーストを使って、2日にわたり染色実験をしてみました。

左が作りたてのヘナペースト。右が、24時間熟成後のヘナペーストです。
冷蔵庫ではなく、25℃の保管庫へしまっておきました。

(腐ったりしないかなあ)とドキドキしていましたが、まあ、大丈夫そうでした。
ただ、画像でもなんとなくお分かりいただけると思うのですが、前日にはなかった「粘り」がでていました。
塗るときも洗い流すときも毛束にしっかりまとわりついて、もちもちっとした感じ。
そして、ヘナのにおいが強くなっていました。

(もしかして発酵したの?) と思いながら染めました。

2日間、同じ時間帯・同じ長さの放置時間で染めた毛束です。
左が「作りたて」 右が「24時間熟成後」 です。
いかがでしょうか。

比較してみると、作りたてのペーストのほうがやや鮮やかに染まっています。
一方、手ざわりは24時間熟成後のほうがやわらかく、毛束がまとまっているように感じます。
もしかすると、寝かした方がトリートメント効果は高くなるのかもしれないと思いました。

あとで調べてみたところ、時間がたったヘナ(古いヘナ)ほど髪は染まりにくく、反対に肌は染まりやすくなるそうです。

不思議ですね。

どういうメカニズムなのかはわかりませんが、そのことはヘナタトゥ(メヘンディ)を行う人々のあいだでは体験的によく知られており、タトゥには採取してから時間のたったヘナ、また時間をかけて熟成させたヘナペーストが好まれるそうです。


参考になりましたでしょうか?
機会があったら、弊社の「ファインヘナ」でも試してみたいと思います。

2019年09月20日テンスターヘナ:テンスターヘナ
» 続きを読む